プラセンタの由来の知識

プラセンタは高い抗酸化能力や抗炎症作用がもたらす、アンチエイジングや美肌効果等、様々な健康に良い効果がある事が知られています。
しかし、プラセンタと言う言葉を直訳すると「胎盤」と言う意味になる通り、生々しいイメージから使用を躊躇する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方の為に、プラセンタドリンクやプラセンタサプリに使用されているプラセンタの由来について、説明したいと思います。
まず、プラセンタは大きく分けると、動物の胎盤に由来している物と、植物に由来している物があります。
動物の胎盤に由来しているプラセンタは、さらに分類する事ができます。
私たち人間と同様に胎盤を持つ、哺乳動物由来の物と、魚等の胎盤と同様の器官である卵巣膜から抽出した物です。
後者は哺乳動物由来のプラセンタと区別する為に、マリンプラセンタ等と呼ばれる事もあります。

哺乳動物由来のプラセンタと言えば、人間の物はどうなのかと心配になりますが、人間由来のプラセンタは医療現場でしか使用されていません。
サプリやコスメの世界では、豚由来や、馬由来が多い様です。
マリンプラセンタは、現在の所、使用されているお魚は鮭に限られている様です。
イクラの周囲を包んでいる薄皮の部分が卵巣膜と呼ばれる器官です。

植物由来のプラセンタとしては、植物に胎盤は存在しません。
しかし、マリンプラセンタと同様に、動物の胎盤に相当する胎座と呼ばれる器官が存在します。
この胎座から抽出するのが、植物由来のプラセンタエキスです。
一般的には動物由来のプラセンタの方が、成長因子と呼ばれる成分が含まれている為に効果が期待できます。
しかし、狂牛病等の安全性を考えると、植物由来のプラセンタの存在価値があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>